冬虫夏草は栄養たっぷり|健康を維持するための漢方

漢方

予防薬として人気

漢方

漢方薬剤師の役割

漢方薬としても利用されているのが冬虫夏草ですが、産地や成熟度などによって、品質や価格に差が生じているのも実情です。近年、健康志向にある日本においても、身体への負担をかけない漢方薬や生薬が注目度を高めており、薬による副作用を心配する幼児や高齢者にとって、利用価値が高いのが特徴です。現在、冬虫夏草は輸入に頼っているため、未成熟で有効成分の含有量の少ない冬虫夏草も流通しているケースも少なくはなく、薬効が高い産地情報は知識が乏しい方々には必要な情報です。また、人工培養と天然の冬虫夏草との違いなどの説明や処方するにも、漢方薬剤師の活躍が期待されている内容です。健康食品の分野にも利用されるなど、日本における需要の割合が増えていることからも、こうした動きが加速しています。

免疫力を高める

数十種類ものアミノ酸やカルシウム、鉄や亜鉛などの栄養素が含まれており、中でも抗がん作用が注目されているのが冬虫夏草です。ベータグルカンをはじめ、エルゴステロールパーオキサイトなどが含有されているのも特徴で、予防薬として古くから利用されています。さらに研究データによれば、不老長寿のホルモンとしても話題となる脳内ホルモンのメラトニンも含有されていることが報告されているのも知っておきたい情報の1つです。古くから漢方薬として処方され、特にウイルス抵抗力の弱さが気になる子供や高齢者にとっては、免疫力を高めることも期待されています。ヘルパーT細胞の数を増やす働きかけによって、ナチュラルキラーNK細胞が活性化し、結果、免疫力を高めることに繋がるため、風邪をひきにくくなるなど、抵抗力がつく魅力が挙げられており、お茶や漢方薬などの様々な摂取法が展開されています。

効果の高い健康食品とは

お年寄り

冬虫夏草は虫草菌が生きている昆虫に寄生し成長することでできます。近年、様々な健康に良い成分が含まれていることがわかってきています。冬虫夏草の効果を高めるには、煮出したエキスを飲むことです。冬虫夏草も色々な製品が売られていますが、製造元、製造方法、成分によく注意して選ぶことが必要です。

View Detail

虫の栄養分を持つキノコ

薬膳

冬虫夏草は、虫の体に入り込み、虫と大地の栄養分を吸って成長するキノコです。アミノ酸による血流改善効果や疲労回復効果に加え、βグルカンによるがんの治療効果も期待できます。かつては一部の地域でしか入手できませんでしたが、現在ではハウス栽培や健康食品としての加工により、広く流通するようになっています。

View Detail

健康な日々を送るために

家族

日常生活において、やはり一番必要になってくるのはバランスの取れた食事と適度な運動です。忙しい日々を送られている人たちにとっては、バランスの良い食事をとれない場合は、冬虫夏草を使用したサプリメントなどは強い味方となってくれます。

View Detail